デリヘルにいた上品な痴女様

投稿日:2016年8月3日

青い服の女性
やっぱり風俗サービス受けるには痴女に限るっ、てことで痴女デリヘルのお世話になることにしました。いかにもSっ気たっぷりなお姉さんたちが揃っている中に、むしろ受け身派にも見える清潔感たっぷりの人が網羅されてました。興味を持ってしまった以上、お相手願いたいとなるのも当然です。その時はその人は出勤していなかったんで、また別の日に、その人を指名する考えになりました。いざ出勤日にこちらも都合を付けて、そのデリヘルに予約を入れて、幸いご対面となりました。やはりぱっと見はスケベそうには見えない人で、むしろスケベなことは毛嫌いするような風俗業とは縁遠そうな上品で清楚な人でした。痴女プレイは期待できないものの、上玉には違いないですから、それでもいいかという気持ちでプレイ開始です。浴室で体を洗ってくれるんですが、いちいち体を擦りつけてはムスコに手を這わしてくる有様でした。しかも目の輝きが増して、視線もネットリしたものに。洗体終わってそのままでムスコをカッポリお口で咥えてきます。もちろんお口の中で弄ばれていることは言うまでもありません。それからずっとお口や舌で責められっぱなしで、こちらが攻める暇などありませんでした。お口で責め立てる痴女プレイを堪能させられたのです。

ふわモチ釣鐘美乳なデリヘル嬢に潮を漏らす

人妻デリヘルで呼んだのは、なかなかに巨乳な人でした。サイズは92って言ってましたが、もっとあるように思えます。釣鐘型なんですが乳首が上向きのため、とっても綺麗な形です。揺れるさまはふわふわ、触ってみればモチモチ、そんな手の離せないオッパイでした。巨乳風俗店でもお目に掛かりにくい美巨乳だったようにも思えます。そんないいオッパイですから、もちろんパイズリしてもらいわけにはいきません。そして、挟まれてものの数分も経たないうちに暴発してしまったのは言うまでもありません。それこそ瞬殺状態だったんですが、そのデリヘル嬢、余程嬉しかったのかイったそばからまだパイズリ続けてます。くすぐったいような感触に襲われて、何だかしびれるような感覚さえ覚えるものでした。不思議なもんで萎えることなく、また復活しちゃうことに。しまいには我慢汁みたいな透明なのを飛ばしちゃう始末でした。アレが男の潮吹きなのかと、今さらながら気付きましたが、風俗ならではの体験ができたようにも思えます。